あけましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

しかし名古屋は寒いです。

毎日北風ピューピューですね。

 

発売の目処がたちましたので、

abstract LJのご案内させていただきたいと思います。

 

abstractのlips jointでLJです。

昨年の初春からジョイントのルアーのテストを色々と試していて、最終的に形になったのがこのルアーです。

abstractができた頃9年くらい前のお話ですね。

試しにカットして実際に使ってみたら面白い動きするなぁと思ったにもかかわらず、その時はそのまま工房の片隅に追いやられてしまいました。

いざジョイント作ろうと決意した時にこのルアーを思い出して練り直し商品化となりました。

このルアーですが、上に反り上がったテールから生まれる細かい波動が、風もなく鏡のような水面の時にとても釣れそうな感じにしてくれます。

実際に一瞬風がおさまった瞬間にルアーチェンジした際に、トロトロとタダ巻きしている途中にゴッボン!と吸い込んだ魚がこちらです。

 

昨年の印象的な魚ですね。

 

こちらは白濁した濁りに効果的なのかなぁ?とマイブームの(笑)CRPカラー。

少しティップでその場でウネウネとアクションさせてから、タダ巻きに変えた途中で下から急に出てきて引ったくっていったバスです。

潜らないようにタダ巻きさせるのは、魚にとって食べやすい「餌」という感じなのか、音もなくナチュラルに魚が引ったくることが比較的多かった印象で、魚の大小関係なくとても効果的だということにも気がつきました。

晩秋には、後ろからずっーとついてきて最終的に見切られる事も少なく、パクっとショートバイトでポロポロと釣れたのは自信になりましたね。

九州遠征でも活躍してくれたのは本当に嬉しかったです。

アクションのコツは

ティップで軽く、本当に軽くですよ(笑)チョンチョンとジョイントの前の部分だけ首を振らせる感じですね。

これはコツを掴むと連続アクションできるので面白いです。

それにリーリングを加えてイレギュラーダートをさせたり、タダ巻きをしたり、リップのついたルアーですがジョイントということで可動するだけに多彩ですね。

そしてこちらがカラーです。

CRH  定番中の定番ですが、左右対象にRの曲がりをマスキングするのはめちゃ大変な実は一番集中力がいる、失敗の多いカラーです。

CRP  実績、視認性、魚とのツーショット写真(笑)これも外せない色です。

MF モダンフロッグ abstractでも塗りましたね視認性抜群、毒々しい大好きなカラーです。

GA とても久しぶりに塗りましたがやはり一番ビシッとこのルアーに決まった気がします 笑

GF グレーフロッグ、bowingの時に一度だけ塗装したお気に入りのカラーです。一番私のメーカーらしいカラーリングだと思います。

黄緑色が好きです。

オリジナルのリップ。

当初金属リップか迷ったのですが、軽く強い基盤リップで製作致しました。

実際に製作すると、こちらの方が加工や接着など大変な事が多いのですが、それだけに軽く理想のアクションが出せました。

そのままの基盤では寂しいので、

サンドブラストを使ってひとつひとつ違う模様をつけてみました。

味気ない基盤リップもモダンでうちのルアーらしく完成したかと思います。

 

近日、案内書もお送りさせていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。